MENU

防風通聖散は危ないからやめた方がいい?!副作用による症状と注意点

 
ダイエットに効果的と言われている防風通聖散ですが、勘違いしてはいけないのがこれはサプリメントでなはく漢方薬、つまり医薬品であるということを理解しておく必要があります。

 

体の異常によって起こっているさまざまな不調で肥満となった身体を、元の正常な状態に戻して脱肥満をするために薬の力を借りるというのが、防風通聖散を使ったダイエットになります。つまり、薬を使ってやせるということは、副作用の可能性を念頭に置いて置くようにしなければいけないということなんです。

 

 

 

副作用というと「怖い!」「危険!」と思うかも知れませんが、私たちが風邪をひいたり頭痛や腹痛がしたり、ニキビが出来たり虫に刺されたりするとき使うものって『薬』ですよね。薬とは医薬品であり、医薬品である以上なにかしらの副作用は必ずあります。

 

その副作用が使う人によって必ず起こるとは限りませんが、そうした副作用が現れる場合もあるためその状態によって薬の濃度を調整したり、使い方を工夫していくかもしくは中止するなどしてうまく付き合うことで、私たちは薬の力を借りて身体の健康を改善・維持していくのです。

 

ですから防風通聖散もダイエットに効果があると言っても、使った人によっては下痢・腹痛・動悸・胃もたれ・かゆみ・尿の出が悪い、などといった副作用が現れる人もいます。そして、一言に副作用とはいってもその副作用の強さがどの程度なのかも個人差があるため、様子を見て続けてみても良い場合もあれば一時中断する必要があることだってあります。

 

 

 

ただし、元から胃が弱い人や虚弱体質の人など防風通聖散を使うには適していない人は、副作用以前に使うこと自体オススメできないので、インターネットでも簡単に買うことが出来るとはいえ必ず自分の体質や状態を見極め、自分では判断できないなら事前に専門家に相談してみるなどしてから購入するようにしましょう。

 

 

防風通聖散 やせる

このページの先頭へ