MENU

防風通聖散の効果的なのみ方ってなに?タイミングよく飲んでやせよう

 

 

防風通聖散を飲んでやせるためには、いつでも好きな時にのむのではなく効果的なタイミングというものが存在します。そのタイミングとは食前です。食前とは食事を開始する30分~1時間前のことを言いますが、なぜ食前に飲むのがいいのかというとそれにはちゃんと理由があります。

 

防風通聖散の働きのひとつとして脂肪を分解して燃焼するという働きがありますが、食前に飲むことで成分を体に浸透させて、これから体内に入ってくるエネルギーに対してスタンバイすることで余分なエネルギイーの蓄積を抑えることができます。

 

また、食べ過ぎてしまう人は胃が熱を持っている『胃熱』の状態なので、防風通聖散にはその熱を冷ましてくれる働きもあります。胃の熱を冷ますことができれば必要以上に活発になった胃が落ち着くので、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

こうしたことから、食前に飲んで成分をしっかり浸透させることによっていざ食事を開始した時、食べ過ぎを防ぎ余分なエネルギーの蓄積を防ぐという万全の状態で挑むことができるのです。

 

 

 

ですが、食事を1日3回ではなく1回や2回しか食べないといった人もいると思います。そうした人はどうしたらいいのかというと、変わらず決まった回数飲むようにしましょう。たとえ食事を摂らなくても1日3回なのであれば朝・昼・晩の3回飲むようにすることで、溜まった脂肪を分解・燃焼したりデトックスを促すこともできます。

 

また、飲む際にはできれば水よりも白湯の方が内臓を冷やさず薬も溶けやすいので、できれば白湯で飲むことをオススメします。しかし、どうしても白湯だと飲みにくいと感じたり水の方が合っているといった場合は水でも大丈夫なので、飲む回数とタイミングだけは意識するといいですね。

 

 

防風通聖散 やせた

このページの先頭へ